施設から在宅まで活用できるバランスボールを用いた拘縮予防と改善 その後

先日の施設への往診時に

遠方からお見舞いにお見えになってくださった看護師をやっている娘さんから

「母にこの方法は取り入れられますか?」と教えて頂いた本

空気を抜いたしぼんだバランスボールを使う??

最初はおどろきましたが、翌日バランスボールを購入しに行き、

教えていただいた、空気の抜いた凹んだバランスボールで

側臥位で拘縮の下肢にはさんだり、仰臥位で両膝や踵をのせたり、股関節を揺すったり、車いすで踏んだりすると反対足側が自動的に上がったり脳のしくみも上手く使える

このボールエクササイズは「ゆらゆら・ふみふみ・ボンボン」とするだけなので

普段運動が苦手なKさんにも

慣れてくると気持ちよさそうな表情が多くみられるようになっています。

拘縮改善の方も3カ月取り入れてみて週1回のリハビリでも効果が出始めています。

IMG_2165

 

 

 

 

 

 

紙屋克子さんの

「身体調整のための看護エクササイズ」

Kさんの娘さんに 教えていただき感謝です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree